マーガリンじゃ困るんだよ

吾輩は喪女である。彼氏はまだない。

二次創作の流れが激しすぎるという話

わたしの趣味はピクシブの小説ランキング斜め読みです。なので多少偏った知識かもしれないことを前置きとして。

最近のおたくカルチャーはまあとにかく流れがはやい。ジャンルの流行り廃りが激しいというのは昨今よく言われているかと思いますが、創作の中身の移り変わりもかなり激しくなったように思います。ツイッターなどのSNSや投稿サイトの流行で作品が簡単に投稿・検索でき便利になりましたが、その分ネタの枯渇がはやいということでしょうか。それにしたってはやすぎる。

女体化!オメガバース!女体化!よくわかんないパロディ!!!

いや別にいいんですよ。二次創作だし、好きなことやればいいんですけどね。はやくない!?こういうパロって作品が完結してから1年とか経過していい感じにネタがなくなってきたときにやるもんだと思ってたんだけど!?3年経って界隈の人が減ってきた頃、「もうやり尽くしたな……」という面持ちで遺作の遊郭・バンドパロをやるくらいの気持ちなんだけど!?

 

と……ぶみたいな時代モノに関しては現パロが早いうちから出てくるのはわかりますよ。学パロなんかもまあ、いいと思います。よくわからんお城の王様と家来みたいなパロディはなんなんだ。はやくないか。まだ作品折り返し地点なんですけど。

ネタがかぶるからいろいろやってるのかと思いきや、どこか他作品の焼き増しみたいなものが多いんですよね。キャラクターの性格なんかも公式のものより二次創作で出たものが他のおたくに共有されて、一般化している様子がよく見受けられます。これもやっぱりツイッターみたいなSNSの影響が大きいんでしょうね。

ちゃんねる風SSを初めて目にしたときは「これ本気でやってるの?」と思いましたが、今やどのジャンルでも「○○ちゃんねる」というのは一つのSS形態として確立しています。これに関しては作品が流行りはじめてすぐにランキングに登場しますね。アニメが始まってからなどの時期柄はあまり関係がないようです。

 

だからどうってわけじゃないんですけどね。先にも述べたように外野が創作する時点ですべからくそれは二次創作なんだから好きなことすればいいと思います。二次創作が溢れかえっているからいろいろな試みをする必要があるのもわかりますし。「それってその作品のそのキャラクターでやる必要ある?」という心のツッコミは置いておいて。

なんで好きにすればいいなんて言えるかというと、最低ですが基本的にそれらが自分のいるジャンルではないからです。まあ自分のいるジャンルであったとしても、わたしの視界に入らなければ好きにしていただいていいと思っています。うっかり視界に入ったら作者に迷惑のかからないところでひっそりこっそりキレるけどな!

わたしはこういう気持ちでおたくカルチャーと向き合っていて、たぶん自分の好きな作品がランキング上位に入っているような二次創作をされたらものすごーーーく嫌なのですが、流行っているというのは現代のおたくカルチャーについていけていないということなんですかね。作品の流れよりも中身についていけてないです。なんやねんオメガバースて

00年代ホームページを思い出しながら寝ます。