マーガリンじゃ困るんだよ

吾輩は喪女である。彼氏はまだない。

レミゼラブルを見てきたよ

映画は何年か前に見たけど誰にも感情移入できなかったし話自体はそんな全然好きではないことを前置きしておきまして、内藤大希さんがマリウスとしてご出演されるということで二人のジャベールを見たのでその話をしたいと思います!

前述したとおり映画を見た段階で誰にも感情移入できずどのキャラもまったく理解できなかったので、どういうジャベールが正解?理想?なのかはわからないです。映画の記憶もおぼろげなのでとりあえず舞台の話に移ります。

 

まず最初に見たのは岸祐二さんのジャベールでした。ジャンバルジャンは吉原光夫さん。なぜかわたしはヤンバルジャン回だと思って見に行ったので、吉原バルジャンが出てきた瞬間大混乱しました。余談

岸ジャベールは終盤にかけてものすごい人間臭さがあり、最期のシーンも自分がバルジャンに慈悲を受けたこと、そして自分もバルジャンに慈悲を与えてしまったことにひどく混乱しているような演技がとても印象に残っています。前半、冷徹無比なジャベールの正義がどんどん壊れていき、それに耐えられなくて身を投げた……そんなふうにわたしの目には映りました。

その一方で、吉原ジャベールは最後まで冷徹で理知的な雰囲気を漂わせていたなと思います。岸ジャベールが自分の中で芽生えてしまったそれまでの正義観に反する慈悲を抱いてしまったことに混乱し、信じられなくなって死んでいった(ように見えました)のに対して、吉原ジャベールは自分の矜持のために死んだように感じました。岸ジャベールは慈悲を受けたこと、与えたことに対して4:6くらいの割合でショックを受けていそうだったけど、吉原ジャベールは圧倒的に自分が慈悲を与えたことに対して、自分の行動に対して許さない感情を抱いていそう……いや、知らんけど(予防線)ジャンバルジャンの行動や自分の行動が信じられないというよりは、今までの自分の正義を否定することが耐えられない、そんなプライドの塊のように見えました。

二人の違いは演技の細かい部分にも現れていて、印象に残っているシーンは限りで2ヶ所あります。

まずは、ジャベールがジャンバルジャンに見逃してもらうシーン。吉原ジャベールは自分を助けたジャンバルジャンを睨みつけるように一瞥して自分から立ち去るのですが、岸ジャベールは信じられないというような顔をして立ちすくんだまま、最終的にジャンバルジャンに背中を銃で強く押され立ち去りました。最初は吉原バルジャンコワッ……と思ったんですけど、よくよく考えたら対照的な行動だなと思いました。岸ジャベールはそれだけ今まで敵対していたバルジャンが自分を恨んでいないことを告げられ、どうしようもなく動揺していたんだろうし、一方で吉原ジャベールは同じようにショックを受けつつもやっぱり情けをかけられたことに対してプライドが傷ついていそうだった。

もうひとつのシーンはジャンバルジャンがマリウスを引きずり下水道に移動した少し後のシーンで、戻ってきたジャベールは床を引きずるようなあと(血痕かも)を見つけ、ジャンバルジャンが目の前の扉から脱出したことを知ります。その時の岸ジャベールはジャンバルジャンが閉めた扉を掴み、動かそうにも全然動かず「クソッ!!!バルジャンめ!!!」という悔しさを全身から滲ませているんですが、吉原ジャベールは扉に触れもしないんですね。そういうところが理知的だし合理的だし、バルジャンめ!!!みたいなことは言っていた気がするんですが岸ジャベールよりもずっと感情的ではないのだな……と思いました。

 

ダブルキャストトリプルキャスト、キャスト変更など今まで経験してこなかったわけではないし、今回見たレミゼラブルの他のキャストもエポニーヌとテナルディエ以外はだいたい別キャストで見たはずなんですが、こんなに演じる人でジャベールというキャラクターが変わるんだなあと、レミゼラブルを観劇して感動してしまいました。楽しかった。話はよくわからなかった おしまい